こんなものがあってだな

漫画、アニメの紹介や聖地巡礼イベントレポートがメインです。他サイトで引用する場合はTwitterかメールで報告してください。こちらは大歓迎なので該当URLを宣伝させて頂きます。 管理人…てぃ(@T_nakayasoldier) 連絡はツイッター、もしくはT.nakayasoldier@gmail.comまでお願いします

こみっくがーるず

こみっくがーるず 先行上映会 イベントレポート

この記事が引用の範囲を越えて転載されているようです。閲覧数が増えるなら嬉しいんですけど、原作記事へ皆さんが足を運んで頂きたい気持ちがあるのでただコピペされてそれで終わりになるなら勘弁して頂きたいですよね…。私の記事を読んで気に入ったらkonatte.blog.jpのリンクでTwitter等で拡散してくださるだけで本当に嬉しいです。無断転載に負けたくないです

Youtubeの方ではイベント全体のレポをしますが、記事では動画で説明できない詳しいイベントの詳細を書きます。
【動画】こみっくがーるず  先行上映会に行って来た


いつもことながらすんごくメモしているので濃密な記事になっているはずです。



情報求
ひかるさんと楓さんがお互いに何と呼んでいるのか聞き取れなかったので情報が欲しいです。

イベント内容

「こみっくがーるず」第1話、第2話先行上映会
●イベント詳細

■開催日
3月14日(水) 19時30分開演(19時開場)
(上映後、ゲストによるトークショーを予定)
※21時終了予定

■ゲスト
赤尾ひかるさん(萌田薫子役)
本渡楓さん(恋塚小夢役) 

こみっくがーるずについては過去の記事で
【日常系】きららMAX連載「こみっくがーるず」あらすじ、感想

こみっくがーるず 聖地巡礼①

こみっくがーるず アニメ化決定!あらすじ 感想など


先行上映会 レポート


DYPfb9iUMAA2dBl

19時30分開演
司会進行はプロデューサーさんの小倉さん。
どこに所属している小倉さんか存じ上げていないが芳文社アニメでよく名前を見かけるNBCの小倉さんかもしれない。

公式サイトの情報見る限りだと上映会やってからトークショーの流れなのでキャストは上映後かと思ったが、このタイミングで赤尾ひかるさん、本渡楓さん登壇。

小倉さん「お二人はまだ完成されたアニメを見ていませんが、これから皆さんと観るにあたって視聴者の方に注目して頂きたい箇所はありますか?」

赤尾ひかるさん「ゆるふわな世界を楽しんで頂けたら幸いです。かおす先生よくあばばばと叫びますが、色んなバリエーションのあばばばに注目して頂きたいです。」
本渡楓さん「こみっくがーるずはアフレコから絵は綺麗だったのですが完成されたものは私達も見ていないので楽しみです。」

二人が舞台裏に戻ってから1話、2話続けて上映開始

上映内容に関してはネタバレになるのであまり言わないが、ひとまず最小限のことだけ話します。

#1「アンケートビリですか?」
かおす先生が水道橋に行くまでが長かった。かおす劇場なるものが第三部まで繰り広げられていたが、蛇足にならず、彼女を上手く表現できているので非常に面白かった。かおす劇場は三部目で「かす劇場」になっていましたね…
私は小夢ちゃん推しなんですけど彼女の私物が可愛すぎましたね。部屋の熊みたいな抱き枕、人をダメにするソファなど、すごく彼女っぽいインテリアでした。原作カラーページの「いくー!」が今まで脳内再生されていた声まんまで溶けました。
翼さんはめぐみんを男にした感じですね。原作勢がそう言っているんだからアニメから観た方はもっと思うかもしれません。

#2「今日から学校でした」←少しタイトル自信ないです
なんと今回の上映地である新宿が盛りだくさんに出てきた。上映終わってからメッチャ回ったので、アニメ観てすぐに回りたい方は最後らへんの動画見て下さい。

OPとEDは一度ずつ流れましたが、流石に耳コピはムズしかったです。

トークショー

赤尾ひかるさん、本渡楓さん再び登壇
小倉さん「どうでしたか?」

ひかるさん「ゆるふわだけど、ところどころにギャグがあって、クスってなったり、面白くて笑いをこらえるのが精いっぱいなところもありました。OP、EDもすごく良かったです。主題歌内で二人のカップリングが沢山出来ているのがいいですね。これからどんな風に変わっていくのか楽しみです」
→EDが変化することの示唆…?

楓さん「画像(漫画)のコマ割りが面白いです。絵の使い方がすごいです。」
この辺に関しては色々あとで話があります。

小倉さん「お二人は自身の演じるキャラに似ていますか?」
ひかるさん「楓さん(メッチャ砕けた別の呼び方をしていた)は食べ物に貪欲なところがあります(ので小夢に似ていると思います。)」
楓さん「パンを咥えて声を出すシーンは実際に食べ物を咥えて演技をしました。最初喋ったときはもぐもぐしすぎて音響さんに何言っているのか分からないって言われ、撮り直しになりました。」

楓さんはアフレコ現場でもお菓子を沢山食べているらしい。差し入れの話からひかるさんが色んなお菓子を持ち込んだことについて話題がシフト
小倉さん「何を持ち込んだんですか?」
楓さん「蒲焼きさん太郎持ってきていたよね」
ひかるさん「みんなに分けました」
小倉さん「蒲焼さん太郎って音鳴りますよね?ライバル潰しですか?」

小倉さんが現場に持ち込んだお菓子:蒲焼さん太郎、コアラのマーチ、アポロ

楓さん「小学生の遠足みたい」


小倉さん「あの脱線して本渡さんに感想が全く聞けていないんですけど…。2話まで観ていかがだったでしょうか?」
楓さん「先輩たちの絡みがありましたが、今後は先輩たちの崩れた姿が見れると思うので楽しみにしていてください。」

小倉さん「役を演じていくうちに変わったことはありますか?」
ひかるさん「かおす先生は最初はオタクでコミュ障な子みたいなイメージがあって、一生懸命さを出していましたが、かおすの寂しさだったりの泣きに対する演技を意識するようになりました。」
楓さん「私はオーディションのときにかおす先生と小夢ちゃんとやったのですが、かおす先生が難しかったです。ひかるさんのあばばばを聞いたとき、『これだ』って思ったくらいひかるさんの演技がしっくりきました。」

話は少し逸れて小夢にキャスティングされた際について
楓さん「私はオーディションの結果をマネージャーさんにグイグイ聞いていくタイプで、こみっくがーるずのときはかおす先生は無理だけど小夢ちゃんがしっくり来たので…」

ちなみにマネージャーさんとこんな会話をしていたらしい
楓さん「こみっくがーるずのキャスト受かっていましたか?」
マネージャー「あー。出たね」
楓さん「誰ですか?」
マネージャー「…誰だっけ…?」

個人的に楓さんの演技が小夢そのものなので本当に良かったと思っています。

話題は戻る
楓さん「小夢ちゃんはお気楽、元気なところがあるけど、グイグイ行くんじゃなくて一歩引いてみていることが出来るタイプです。小夢ちゃんがいたから(1話の範囲で)かおす先生は乗り切れたのだと思います。」

小倉さん「好きなシーンはありますか?」
楓さん「画材探しのときのかおす先生の表情です。」
話は世界堂での画材探しの時のトーンについて
原作持っている方、るっきーの例のトーンです。

楓さん「私気付いたんですけど、かおす先生がキラキラした目でぽよぽよしたトーンを見つめているとき、琉姫がトーンを上半身に持っていったんです。そしたらさっきまで沢山あったトーンが2つになっていたんです。私が気付いてスタッフさんの顔見たりしたら当人たち笑っていました。※」

ひかるさん「私は翼さんが原稿のスピードが遅くなった時に『ええい!』とやった行動が好きです。※」

※ネタバレ防止のため言葉をかえました。

話はまた変わってお二人の洋服について
話がややこしくなるので私が要約
二人でアニメをモチーフにした洋服を着てきたらしい。楓さんは上が部屋着っぽくで下が私服っぽい。曰く「私はこんな服いつも着ない」。ひかるさんはかおす先生みたいにピンでばってんを作ってきたらしい。かおす先生が私服のセンスが凄いので今日は小夢ちゃんに選んでもらった感じをイメージしています。

小倉さん「皆さんの中で質問があれば聞きたいんですけど」
このコーナー、すごく不評だけど個人的には答えたお二人が優秀過ぎたので良かったと思います。

前列左側の男性「好きなカップリングなどはありますか?」
楓さん「こゆつば」
小夢が攻めなのが第三巻の例の回っぽくて玄人過ぎる。
ひかるさん「るきかお」
曰く「かおす先生の『琉姫さん><』、るっきーの『かおすちゃんかわいい…!』の関係が好き」

前列右側の男性「OPなどを披露することはありますか?」
小倉さん「皆さんがこれからも応援して下さるのであれば考えます。」

個人的な見解なのですが、この質問、本当に的を得ていてマジで凄いです。毎年アニメジャパン付近できららフェスタの発表があるのですが、この質問によって、24日にきららフェスタの発表があるのがほぼ確定しました。こみっくがーるずがユニットとして参戦するなら、みーくん役、リン役の高橋さんが出演確定するので、そうなるとがっこうぐらし!、ゆるキャン△の参戦も希望的になります。

ここまでがキャストトーク。ここからサイン入りポスターが貰える抽選会。私は外れたが、公式が転売やめてくださいとのこと。もし転売がなければこのような機会はもっと増えるらしい。これで転売はないと思いますが、あったら胸糞ですよね。

マスコミ向けのフォトセッションを挟んで、告知コーナー


ということでここでも告知です。

①こみっくがーるず原作、アンソロ情報


こみっくがーるず4巻は3/27、アンソロは4/26発売です。今回のアンソロ、いつもの芳文社と違って、はんざわ先生が少女漫画家出身ってこともあって少女漫画家が多数参戦するそうです。

②放送情報

最後に

小倉さん「本放送やこれからのこみっくがーるずについて一言ください」
楓さん「今日は事前のチケット争奪戦を繰り広げて勝ち取った200人の方々とイベントに参加出来て楽しかったです。ありがとうございました。コマ割りや表現がとても新鮮で映像での遊びが凄いのでこれからもご期待ください」
ひかるさん「アドリブを入れている箇所がこれからドンドン増えていきます。毎回パワーアップしていくのでアドリブを探したり是非楽しんでください。今日はお越しいただきありがとうございました。」



こんな感じでイベントは終了。アニメ観ながら聖地の場所はあらかた分かっていましたが上映後すぐ向かいました。私のエンジョイツイートと共に色々↓に乗っけておきます。






この記事は動画の補完になるので映像で観たい方はこれからあげる本動画を見て下さると嬉しいです。
【動画】こみっくがーるず  先行上映会に行って来た

こみっくがーるず アニメ化決定!あらすじ 感想など


公式ツイッターも出来たようです。6月現在、前から発表されているゆるキャン▲スロウスタートはまだないのに…って考えるとこの作品が今度どうなるか分かるでしょう

公式サイト→TVアニメこみっくがーるず公式サイト


ずっと待っていた作品なのでメッチャ嬉しいです。

あらすじ
萌田薫子(P.N.かおす)15歳。職業高校生、そして4コマまんが家! まんが家専用の女子寮に引っ越してきた彼女は、 同室の少女まんが家の小夢やTLまんが家の琉姫、少年まんが家の翼といった仲間に囲まれて、 今日も楽しくネームにペン入れ、仕上げ作業に徹夜作業! かわいくて面白い、まんが家4コマ開幕です!

薫子ちゃん(ペンネーム かおす)、読みきりを掲載したが読者アンケート結果がビリだった。薫子ちゃんは女子高生漫画を書いていたが、人見知りなためにまともな女子高生漫画が描けなかった。そのためアンケートでもぼろくそ言われたが、担当の方はかおす先生の独特のセンスに目を向けて今後の伸びしろを期待していた。そこで漫画家が住み込んで生活する寮に入らないかとかおすちゃんに提案。
cg1

cg2


こうしてかおすちゃんは仲間と一緒に高校に通いながら漫画を描く生活が始まった。果たして現実的な女子高生を描く作品が作れるようになれるのか…?

前回記事のあらすじが伝えたいこと伝えられていたのでコピペしました。ですので今回は加えて主要人物を紹介します。極力ネタバレないようにしますが紹介の上で少しだけネタバレ含んでいます。(るっきー、翼さんなどは作中のお話として個性を紹介している為ネタバレしたくない)


萌田薫子

image


かおす先生。4コマ漫画家。本名は萌田薫子なのにみんなペンネームのかおすって呼んでいる。その名前にふさわしく彼女はドジにおいては一流で、いつもあばばばしている。今も学生だが学生時代に友人との交流が皆無だったため女子高生なのに女子高生漫画が描けない。画力も…
寮に越してからはJKとの交流を謳歌していてところどころおっさんみたいになっている。

恋塚小夢

image


ペンネーム、恋スル小夢。少女漫画家。かおす先生とは真逆の明るく女子力の高い子だがマイペースに磨きを極めている。寮への引っ越し初日でこの有り様。男のイラストが全然描けないらしい。かおす先生とは同居生活をすることになる。


勝木翼
91TAhkb50fL2

ペンネーム「ウィング・V」。少年漫画家。想像の通りボーイッシュでさばさばした性格。連載を持っていて学校にもファンがあるが、素性を隠している。行動派で時々暴走する。

色川琉姫
DCnL6aIUAAAY2TJ2

ペンネーム「爆乳♡姫子」。TL漫画家。貧乳。なんでこんなペンネームになったかは実際に読んで確かめて欲しい。大人びた容姿で色っぽいが可愛いものが大好き。本人自身、本当は可愛い系を描きたかったらしい。極度の恥ずかしがりやでTL漫画というジャンルを手掛けていること自体知られたくないらしい。

感想
前回と被りますがまずセンスが半端ないです。キャラで物語を動かしますが主人公かおすちゃんのあばばば具合だったり、どれも最大級に面白いです。私はきらら系4コマを色々手を出していますが、この作品は別格という言葉が最適だと思います。よければ手に取って頂ければなと思います。

アニメ化にあたって


放送分は4巻までのストックになりそうです。アニメ化時期は恐らく2017年夏です。こみっくがーるずのアニメ化も予想的中させましたが、他に予想しているはるかなレシーブがまもなくアニメ化発表されると踏んでいるので、ビーチバレー漫画は夏にやると考えたらもしかすると春アニメかもしれませんきららフェスタ2018への参加もほぼほぼ確定で、今月25日のきららフェスタ2017で何か発表があるかもしれません。というのもこみっくがーるずの聖地はきららフェスタの会場の水道橋です。そもそも芳文社も水道橋にあります。ゆかりの地ということで公式も推していて、来年への伏線として触れてもおかしくないと思っています。制作会社とかはまだ分かりませんが、続報楽しみにしています。

最後に

自分は小夢推しです。みんなが動くその日を楽しみにしています。先行上映会も激戦区になりそうですがなんとしても自力でゲットします。きららフェスタでの情報など何か続報がありましたらアナウンスします。

追記:きららフェスタ2017でサプライズ登場しました。イベントレポートでメッチャ書いています
きららフェスタ!2017 昼の部イベントレポート(前編)






オマケ:去年聖地巡礼もしました。
こみっくがーるず 聖地巡礼①


こみっくがーるず 聖地巡礼①

皆さんにお届けしたい記事が沢山あります…これから数日間はスケジュールに穴がありますし一日1記事ペースで投稿したいと思います…!
まずは聖地巡礼から!


昨日6/26、何があった?って聞かれたらこれはアレです。きららフェスタ2016が開催されました。私は昼の部しか行っておりませんが間を練ってこみっくがーるずの聖地巡礼してきました!

 前回記事:【日常系】きららMAX連載「こみっくがーるず」あらすじ、感想



…といっても聖地はきらフェスの会場の真上だったりしますしとても近いです。何故なら、かおすちゃんたちは水道橋にある「文芳社」の漫画家で周辺の寮に住んでいるのです。そしてきららフェスタがTOKYO DOME CITY HALLで行われるのは実際に近くに存在する芳文社のビルに近いからです。

…ということでまずは芳文社さんの建物から。こちらは水道橋駅を西口から出て東京ドームに向かう道のすぐのところです。徒歩一分満たないです

image
 
 こちらは原作の頭にあります。まんまですね

SCN_0022


次は飛んで第2巻の範囲のデート回ですね。東京ドームシティ内のアトラクションです。
位置関係は東京ドームシティアトラクションズ公式サイトをご覧ください
SCN_0020

 blog-TDC4-4s
※観覧車は取り忘れたのでフリー素材からです


image

二人が並んでいたところ。
image

こちらのジェットコースターはサンダードロフィンと言いまして、子供の頃乗ってグルングルン回りすぎてただひたすらに怖かったのを覚えています。ということで今回リベンジしようかなと思いましたが

image

アンハッピー…

気を取り直してもう一か所
SCN_0021
image


こちらがきらフェスの会場東京ドームシティホールの真上になります。 

image
 
昨年のきらフェス物販の様子です。奥に見えるのがパラシュートのアトラクションです。手前の建物が会場です。 こちらは東口から行けば徒歩4分です

特定した場所がまだこれだけですが、コスプレのくだりの場所や売店の場所もありそうですね。また今度行って来ます

【日常系】きららMAX連載「こみっくがーるず」あらすじ、感想

アニメ化決定しました→こみっくがーるずアニメ化決定!きららMAX8月号より

本日はこみっくがーるずの紹介です。きららMAX6月号で表紙を飾り、本日第2巻が発売した注目作です。漫画家の主人公たちの生活を描いた作品ですが4コマのセンスがとても良いのでこれから来ると思っています。後程語るとして。ということであらすじ紹介から入ります

 
91CEisS6jCL

著者:はんざわかおり(ツイッターに飛びます)

あらすじ
萌田薫子(P.N.かおす)15歳。職業高校生、そして4コマまんが家! まんが家専用の女子寮に引っ越してきた彼女は、 同室の少女まんが家の小夢やTLまんが家の琉姫、少年まんが家の翼といった仲間に囲まれて、 今日も楽しくネームにペン入れ、仕上げ作業に徹夜作業! かわいくて面白い、まんが家4コマ開幕です!
きらら作品紹介から→こちら

薫子ちゃん(ペンネーム かおす)、読みきりを掲載したが読者アンケート結果がビリだった。薫子ちゃんは女子高生漫画を書いていたが、人見知りなためにまともな女子高生漫画が描けなかった。そのためアンケートでもぼろくそ言われたが、担当の方はかおす先生の独特のセンスに目を向けて今後の伸びしろを期待していた。そこで漫画家が住み込んで生活する寮に入らないかと薫子ちゃんに提案。
cg1
cg2

こうして薫子ちゃんは仲間と一緒に高校に通いながら漫画を描く生活が始まった。果たして現実的な女子高生を描く作品が作れるようになれるのか…?

次の世代のきらら作品ですね。数ページ読んできららフェスタ出演まで想像してしまいました。皆さんの中にはもしかしてアニメ化決定した後にこの記事を読んでいる方もいるかもしれません。そう思うととてもワクワクします。
その作品はごちうさみたいなギャグセンスを持ち合わせています。以前から話している通り、きらら作品の日常系はキャラクターの個性でコメディに笑わせる漫画、いわば「キャラクターで動かす」作品なのです。ごちうさもきんモザもあんハピもキャラクターで動かしていますね。この作品もキャラクターの個性で動かしています。また、登場人物はほとんど漫画家なのですが、みんな書いている漫画のジャンルが違うので、それぞれの専門ジャンルが個性に加えて作品の展開を際立たせています。
お色気も多く、これはアニメを期待しちゃいますね。4コマ漫画はアニメ化すると作中で語られていないことも流れでやりますしその辺りも楽しみです。…と言ってもまだアニメ化は決まっていませんので、きららフェスタやMAXでの発表を期待しています

終わりに
うらら迷路帖と並んで推している作品です。アニメ化するとしたら早くて来年ですかね。3巻の発売も来年になりそうですし楽しみにしています。
明日の漫画紹介ですが、ハナヤマタ作者の浜弓場双先生のおちこぼれフルーツタルトの予定です。本日4/26発売ですので明日までには記事投下しようと思っています。こちらもチェックしてくださると嬉しいです

追記①:先日こみっくがーるずの聖地巡礼に行ってきました!

補足 
2巻の特典まとめをはんざわかおりさんがツイートしてくださりました!
 
記事検索
・がっこうぐらし!が好きな方へ

がっこうぐらし!10巻考察
スミコの考察

・まんがタイムきららクラスタの方へ

きららフェスタ2017→きららフェスタ!2017 昼の部イベントレポート(前編)

はるかなレシーブ(祝アニメ化)→はるかなレシーブ総合記事
こみっくがーるず(祝アニメ化)→こみっくがーるず アニメ化決定!あらすじ 感想など

・面白そうな漫画を探している人へ

漫画カテゴリに投下してあります。

・面白い漫画を知っている方へ
いつでもお待ちしています。

・その他ご質問や叫びがある方
Twitterで沢山聞かせてください。お堅い内容のものはメールでお願いします。
自己紹介
てぃ(@T_nakayasoldier
まりあ♰ほりっくを観てから深夜アニメオタクになる。漫画を買っては感想を呟く日々を送っている。ARIAなどの日常系が好きだが、アニメ、漫画はとりあえずなんでも読むスタンス。ハナヤマタを通してがっこうぐらし!と出会い、きららオタクと化した。
  • ライブドアブログ
body{ user-select:none; -webkit-user-select:none; -moz-user-select:none; -khtml-user-select:none; -webkit-user-drag:none; -khtml-user-drag:none; }