ツイッターで呟くとヤマカンが自分の養分にしようとRTするので、それはそれで公平性がないと思うので、この場で発言させて頂きます。

 ワグナー1人の意見ですが、不快になられた方は申し訳ありません。感想としては否定的な意見を多く言います。

 コメント欄を使って私の意見に対しての反論や批判は大歓迎です。こうやってブログにアップするのは1つの意見だけではなく色んな意見を聞いて考えたいからなのでむしろドンドン来て頂いて構いません。ただ、コメント欄で対立しないでください。私に対しての共感や擁護はむしろURLを拡散くださるのが嬉しいです。コメント欄で論争が始まったらコメント欄を閉鎖します。

経緯


話の展開の流れ

アイドルの祭典で優勝したWUGだった(劇場版後編)が、1年後には優勝をI-1 Clubに奪還された。優勝してから2年後、今回の物語は始まる。時はアイドル衰退期。幾つかのアイドルユニットが解散、王者のI-1でさえ、仙台シアターを閉じないといけなくなり、次は博多が閉まると言われていた。WUGは未だ健在だが、全国では知名度が薄く、半年後のファーストアルバム発売のために日々切磋琢磨していた。そんな時、丹下社長が全国区放送のSステ(Mステ)の出演を取ってくる。


感想を話していく前に、まず私の視聴環境ですがどうだったのか話します。今回は裏でヤマカンなど、以前にWUGに携わっていたが降ろされたスタッフがツイキャスを開いていたようで、そこで色んなことを批判していたようです。ツイッターで皆さんの感想を沢山読ませて頂きましたが、「1回しか見ていない、しかもツイキャスを見ながら見ただけ」で批判している方が本当に多くて、どんな環境でアニメを視聴したのか明確にすべきだと思いました。
私はそのツイキャスは見ていません。リアタイで見た後、合計4回見ました。 

近所の居酒屋がチェーン展開を始めた


感想としてはとても複雑でした。劇場版が最高過ぎて「いい終わり方だったな!」とコンテンツへ好感度が良かったときに新章の発表が来たので、それはそれは嬉しすぎて、今日までずっと待っていました。だからこそWUGちゃんが見れて嬉しかったですし、「暴言が酷いヤマカンをクビにしてくれてありがとう!安心して新規にオススメしていくわ!」って気持ちでいました。実際のところ、アイドルのリアルさだったり、彼女たちが頑張っている姿を見て嬉しかったのですが、心の中で何かモヤモヤしていました。

何かがおかしい。そう感じるようになりました。他人の感想を見ることなく、2回、3回と視聴を繰り返すうちに1つの意見が出ました。

それがタイトルになっている、近所の居酒屋がチェーン店になってしまったという意見です。万人にウケるように無機質で静的なものになってしまったのではないでしょうか?

まず私が有り得ないと思ったのは今まで光っていたセンスが全然見られません。個人的な意見ですがWUGの良いところって他のアイドルアニメに見られないリアルさや、テンポの良さだと思っていました。

ライブシーンを3Dにしたのは多少は許せます。「みがる」でこの道を進んでいましたし別に気にするところではないと思っていました。しかし許せないのが手書きが少しでもなかったことに加え、挿入場面、あるいはお茶の場で流れている描写、はたまたマネージャーの視点で描かれる描写、これらが一切なく、最後までライブのみでやったことです。その点、前の製作陣だったらーって考えられるところがとてつもなく多かったです。

テンポの悪さは本当に感じました。ストーリーの密度はそんなに濃くないのですが、そんなにゆっくり進めるのかって思いました。

ヤマカンを批判するためにWUG新章を擁護するつもりでいたので、多少の問題は気にしなかったと思います。実際のところ、他のアイドルアニメに見られないWUGらしさというものは健在でした。しかし少なくなっているというのが総じての感想であり、他のアイドルアニメに寄せてしまったなと思います。万人ウケをするのではなく、演出やストーリーのテンポだけは前通りにしていればワグナーの大半が3500円という破格の値段の円盤を買っていたのではないかと思います。値段を下げたのはとても上手いと思いましたし、そこを否定はしません。だからこそ勿体無い気がします。…という私は特典のわぐばんが見たいので円盤は買うと思うので全く説得力ないですが…。アニメ目的で円盤を買う訳でないというのはありますが

おわりに


まだ1話しか放送されていないのでこれからもっと良くなるかもしれません。実際のところ歌も演技もすごく良いので、後は脚本と演出かなと思っています。私のこの感想記事が覆されることになれば記事を削除して改めて記事を書き直したいと思います。

新規の方はさっぱりだと思いますが、アニメシーズン1期だけでも良いので見ていただけたらWUGの面白さ、そして変わってしまったところが分かると思います。現実のアイドルユニットだと少女交響曲がすごくいいので是非見てください!(この画面では見られない方はリンク移動してください…!)



色んな方の意見を見ましたが、楽しんでいる方も多く、賛否両論だなって思いました。皆さんも私の意見はただの意見の1つとして見て頂いて自分の意見をもって頂きたいです。
少し話は変わりますが、WUGの旧劇場版ではパンチラがありました。その件について中の人、声優さんが「あれはないわ」って言っていたそうですね。彼女たちにとって、ヤマカンを擁護する気はない、つまりはヤマカンの降板は望まれて行われたのではないかと思いますので、ヤマカン自身も何かしらの問題を起こしていたのでしょう。彼のツイッターの言動からもそう思うしかないです。なので全ての元凶が誰かとかそういう話はなく、はたまたヤマカンを外したのが失敗だとも一概には言えません。

話の展開的には全国ツアーやって博多に行ってネクストストームに会い、知名度を上げつつアイドルの祭典に挑むのだと思います。胸熱展開になること間違えなしですね。Aパート冒頭で未夕が遅刻してきたのは芸能人としての自覚を持って…ということなのか、はたまた別の意味があるのか、とても気になるところでありますね。

私はこれからもアニメもコンテンツ自体も追っていきます。WUGちゃん、ワグナーが楽しめるコンテンツが続いていけば良いなと思っています。


追記:すごく納得する意見を頂きました。

WUGはリアルなアイドルの青春物語としてアニメが中心でやってきましたが、これからはWUGちゃんが紡いでくれるのです。もうアニメにこだわる必要も無いと思います。ヤマカンが描く生々しく泥沼な世界観は終演しましたが、WUGちゃんは終わっていないので、これからはアニメより現実のWUGのユニットをメインで応援していけば良いと思います。

正に自分が思っていることその通りでした。私がWUG新章の円盤を買おうとしているのは特典のわぐばんを観たいからですし、「アニメを見るために円盤を買う」というステレオタイプは捨てた方が良いのかもしれません。けもフレもガイドブックという形で円盤を売って爆発的ヒットをしましたし、もう少し様子見してみることにします。