※音でます
表示されない用url→https://vine.co/v/ieeDu7IUiP7

一年前に投稿したvine動画です。今日は突然ですがこの作品の裏話を長々と話させて頂きます。


 一見めぐねえメインのお話かと思われがちですが、由紀とめぐねえのお話です。6秒間のMADですが、構成を組み立てるまで一週間かけています。それくらいの思い全てを詰め込んだ自分にとっても大切な作品です。この話をクソ長々と話したいと思います。

 まず、この作品のタイトル「彼女」ですが、ここに全ての表現が繋がるようにしています。
元々ひぐらしの「you」でMADを作ってくれとフォロワーさんからリクエストがあり、がっこうぐらしとよく合っているとは分かっていたものの、障壁となったのはこの歌詞の切なさです。
 ではここで歌詞を見て頂きます。

あなたは今どこで何をしていますか?
この空の続く場所にいますか? 
今まで私の心を埋めていたモノ 
失って初めて気付いた 
こんなにも 私を支えてくれていたこと
こんなにも笑顔をくれていたこと

※必要最低限の転載しかしていません。fullをご覧になられたい方はこちらから。

がっこうぐらしで当てはめて見ると、由紀が語り手としてめぐねえに話しかけているように見えるかと思います。この際由紀には後悔と自責があり、二つ目の幻想世界で生きているという解釈が出来ますね。この解釈のままだとひたすらに鬱なMADになることが明白でした。そのため感動する、切ないお話だけで終わらせまいとちょっとしたギミックを入れることをひたすら考えていました。
 その回答がタイトル「彼女」です。この詩の語り手は由紀1人と断定しないでね。という意を込めて付けました。この6秒のMADには2人の語り手(彼女)がいます。では1人目の彼女とは。めぐねえです。このアイディアはこの曲の原作「ひぐらしのく頃に」で初めて聞いたとき、詩音から悟史へ宛てた詩だけではないのではないか?と考察していました。


あなたは今どこで何をしていますか?

この空の続く場所にいますか?

いつものように笑顔でいてくれますか?

今はただそれを願い続ける…

 この部分は悟史から詩音への返答でもないかと思っていたのです。この部分の詩の表現は丁度アニメがっこうぐらし!第11話で由紀が見た回想とも一致しています。パンデミック直後。バリケードを作り、徐々に行動範囲を広めていっていたその頃の回想。由紀は机を運ぶ途中に転んでしまいます。
「いるだけでみんなの足手まといだよね。迷惑だよね」と泣き始めます。溢れた涙を拭く由紀の傍らにめぐねえは寄り添い、
「ううん。由紀ちゃんにだって、誰にも負けない取り柄があるじゃない。あなたの笑顔って素敵よ。みんなに元気をくれるもの。」「もちろん。だって、私がいつも由紀ちゃんから元気を貰っているんだもの。きっとみんなもそう。」
だから先生と約束して。この先何があっても笑顔を忘れないで。由紀ちゃんのことは先生がずっと見守っててあげるから
と発言します。あり得ないほど一致していますよね。しかしvineは六秒です。この詩の部分全てを使いたかったのですが6秒間で明らかに詩だけでは表現出来ないと分かっていたので、映像で表現しようと考え始めました。

私は当時vineMADというものには慣れてきていて、vineというコンテンツの面白さをよく理解していました。6秒間で動画が終わり、連続でリピートすることによって、色々な表現が出来るのです。そこで今回用いたのが「狭間」の表現でした。動画の冒頭と最後を由紀の想像の卒業式に、中盤を現実の卒業式にすることによって、「1人目の彼女」、めぐねえは空想の狭間にいる存在ということを表現しています。同時に彼女は由紀のことを由紀の心の中で見守っているということを表現しています。

では2人目の彼女とは誰か。言わずもがな由紀です。真ん中の場面で使った現実の卒業式の模様。実はお辞儀する間の動きのコマをあえて切り抜いています。カクカクにすることによってこの卒業式のコマが誰かの回想ということ(未来の誰かが思い返している)を表現しています。そして最後の想像から最初のシーンへとループすることによってめぐねえは「2人目の彼女」由紀の心に永遠に生き続けることを表しました(×幻覚)。

最後に歌詞です。

この空の続く場所にいますか?
 
これはお互いのことを思った台詞です。
相手を思った一種の独り言のようなものを歌詞がループすることで由紀もめぐねえも決して忘れることがなく、相互に深い愛があることを表しました。

このようにタイトル「彼女」は全ての表現にかかるように付けました。私はMADを作るとき絶対にテーマを決めています。これはこの作品だけに留まりません。パロディはただシーンを似せているだけですが、なんか意味深なタイトルをつけているときは必ずテーマがあります。6秒MADもロングMADを通して皆さんに何かを感じて頂いたり、表現に気付いていただければ嬉しい限りです。



自分が作った中でもお気に入りの作品

↑メタルギアソリッド3より「Snake Eater」

What a fear in my heart... but you're so supreme.

私は恐怖で怯えているっていうのに、どうしてあなたはそんなに気高いの?(自分なりの意訳)


 本日のブログは自分のMADについてでした。6秒動画はたかが6秒ですが、プロットを立て、編集して投稿するまで短くても半日はかかります。本気ということです。私は学生時代から物書きの経験があるのでMAD動画は自分自身全く妥協せず楽しみながら作らせて貰っています。そのため投稿したあとも気に入っている作品というのがたくさんあり、誰よりも自分の作品を観ている自信があります(悲しい)。私は自分が作り上げた6秒は自分にとってそれ以上の価値のあると感じています。これからも投稿し続けられたら良いなと思っています。よろしければ応援の方よろしくお願いします。
 また今回触れたアニメ第11話とか、是非是非見ていただきたいです。そして「you」にも、ひぐらしにも触れていただければ尚嬉しいです。

別件
がっこうぐらし9巻の記事です。既に連載は9巻分のストックは溜まっており、あとは発売日の3/11と巻末資料を待つのみになっています。考察記事と友人との対談記事を投下する予定です。前者の考察記事は第8巻のときの考察した記事みたいなものです。  対談記事はがっこうぐらしが好きな二人がひたすら9巻までについての内容を熱く語ったり考察などの議論をした模様を字に書き出し、纏めたものになります。こちらに関しては既に対談は終わっており、あとはタイピングするだけになっています。発売日に投稿すると思いますので是非ご覧ください。